私的AI研究会 > 3Dプリンター

3Dプリンター「ダビンチmini」を動かす

事前準備

アプリケーションのインストール

(1) メーカーのオフィシャルサイト XYZプリンティング から「XYZmaker Suite」をダウンロードする。

・ダウンロードボタンを押すとユーザー登録が求められるので、メールアドレスとパスワードを入力して登録する。
・登録したID(メールアドレス)でログインして再度ダウンロードボタンを押す。

(2) とりあえずサイズの小さい方のファイルをダウンロードする。

(3) ダウンロードした「XYZmaker Suite」を解凍してインストールする。

・左の画面が表示される。この画面は各ソフトへのランチャーのようでこの時点では印刷などのアプリケーションはインストールされて-ない。
・「XYZprint」ボタンを押し印刷用アプリケーションをインストールする。

(4)前の画面中央下の「Color 3D Gallery」を押すと左の3Dデータのダウンロードサイトにリンクする。

(5)「Color 3D Gallery」でジャンルを選ぶと左の画面が表示される。
画像の一覧を表示するたびに毎回恐ろしく時間がかかるので気長にアクセスするべし。(-_-;)

「ダビンチmini」のセッティング

(1)「ダビンチmini w+」 ユーザーマニュアル fileUM_MINI W+_JP_V5.pdf に従って付属品をセットする。

(2)「XYZmaker Suite」を起動し「XYZprint」を押す。

・プリンターの電源を入れ、「印刷」タブを選択し「da Vinci mini w+」の接続を確認。

(3)フィラメントをロードする
・「ダッシュボード」タブを選び左下中央の「フィラメント」を押す。
・左下「フィラメントをロードするを押す」。

・ユーザーマニュアルの手順でフィラメントをセットする。
・「開始」ボタンを押す。
・しばらくしてプリンターのノズルからフィラメントが出てくるのを確認してから「完了」ボタンを押す。
 (「完了」ボタンを押さないとフィラメントが出続ける。)

プリント作業終了後の後始末

フィラメントのアンロード

(1)フィラメントをアンロードする
・「ダッシュボード」タブを選び左下中央の「フィラメント」を押す。
・中央下「フィラメントをアンロードするを押す」。

・「開始」ボタンを押す。
・しばらくしてプリンターからフィラメントが排出されてから「完了」ボタンを押す。
・ユーザーマニュアルの手順でフィラメントを外す。
 (どのような場合にフィラメントを取り除いた方がいいのかよくわからないが、とりあえずプリンターの電源を切る前にはアンロードしておく。)

3Dモデルを印刷する

簡単な3Dモデルで動作を確認

(1)適当な3Dデータを読み込む。
・3Dデータはメーカーサイトや下記「参考資料」にあるサイトからダウンロードする。
・最初は簡単なモデルで。

(2)モデルが表示されたら「準備」ボタンを押す。
・モデルの印刷データが準備できると左の画面が表示される。
・「印刷」ボタンを押す

・印刷中は「ダッシュボード」タグで印刷状態が表示できる。

(3)最初の作品。

・右はシートから底面が剥がれて形状を作れず印刷中止した残骸。
・その左は手の部分がフィラメントを支えきれずに剝がれてしまった状態。浮いている部分はサポート処理が必要のよう。
・その左の四角はいろいろな形状のテストモデル。うまく再現できていない。
・左端のサイコロは正確に再現されている。

綺麗な結果を得るには

(1)「一般」

(2)「サポート」宙吊りの部分のあるモデルはサポート設定が必須。

・サポートのある場合(右)ない場合(左)の例。

(1) モデルを「回転」する。

(2)「移動」を選ぶ。

(3)「ランド」を押し底面に配置する。

・細部も完全に再現できた。(右側)
・サポートの部分は削り落として完成となる。

豚を出力してみる

できた作品

・後ろは設定を変えてみたが失敗した出力例。
・前右は直線タイプのサポート付きで立てて出力した結果。前左はそのサポート部分を外した完成版。

気が付いたこと

消耗品

・「キャンセル」を押して続行できる。

・画面左下「フィラメントの現在の使用量」が残りのフィラメントの長さのよう。
・左中央の「フィラメントの推定使用量」は印刷展開したモデルの印刷に必要なフィラメントの長さ。
・早すぎる「フィラメントが足りない」の警告と、画面下に出る広告表示がうっとうしい!!

XYZprint ソフトウェア

・起動時インターネット接続が必須条件。
・起動時にアプリケーションソフトウェアやファームウェアを必要に応じて自動更新しているよう。
・印刷中およびスタンバイ中はかなり長いインターバルでプリンターの状態を監視しているようなので、現在の状態が反映されるまでに結構時間がかかる。
・印刷実行を指示した後はプリンターに制御が移るので、中止や終了はプリンターのボタンで行うことになる。
 XYZprint でプリンターを制御すると思わないように。

3Dモデルデータの作成

・XYZmaker 3DKit で簡単なモデリング作成が行える。
・STLデータを作成できる別のアプリケーションで作成することもできる。

 

参考資料

最初に見るサイト!!

「ダビンチmini」メーカーオフィシャルサイト

3Dデータ 関連

「ダビンチmini」評価サイト

 

添付ファイル: file20200925_131834_001m.jpg 55件 [詳細] file20200925_121820_001m.jpg 60件 [詳細] filedavinchi.gif 104件 [詳細] file20200919_161755_001m.jpg 70件 [詳細] file20200919_090343_001m.jpg 62件 [詳細] file20200919_090146_001m.jpg 69件 [詳細] file20200916_170023_001m.jpg 69件 [詳細] file3d-print_63m.jpg 82件 [詳細] file3d-print_62m.jpg 68件 [詳細] file3d-print_61m.jpg 82件 [詳細] file3d-print_60m.jpg 66件 [詳細] file3d-print_53m.jpg 71件 [詳細] file3d-print_52m.jpg 65件 [詳細] file3d-print_51m.jpg 68件 [詳細] file3d-print_50m.jpg 70件 [詳細] fileUM_MINI W+_JP_V5.pdf 69件 [詳細] file20200916_183809_001m.jpg 64件 [詳細] file20200916_170005_001m.jpg 67件 [詳細] file20200916_160430_001m.jpg 58件 [詳細] file20200916_160320_001m.jpg 105件 [詳細] file20200916_160247_001m.jpg 90件 [詳細] file20200916_160230_001m.jpg 59件 [詳細] file20200916_160213_001m.jpg 62件 [詳細] file20200916_160131_001m.jpg 72件 [詳細] file20200916_160105_001m.jpg 70件 [詳細] file20200916_160008_001m.jpg 76件 [詳細] file20200916_155752_001m.jpg 55件 [詳細] file20200914_114527_001m.jpg 84件 [詳細] file20200914_093320_001m.jpg 89件 [詳細] file20200914_092821_001m.jpg 87件 [詳細] file3d-print_43m.jpg 66件 [詳細] file3d-print_42m.jpg 64件 [詳細] file3d-print_41m.jpg 67件 [詳細] file3d-print_32m.jpg 88件 [詳細] file3d-print_31m.jpg 68件 [詳細] file3d-print_30m.jpg 56件 [詳細] file3d-print_22m.jpg 60件 [詳細] file3d-print_21m.jpg 65件 [詳細] file3d-print_20m.jpg 69件 [詳細] file3d-print_11s.jpg 75件 [詳細] file3d-print_10s.jpg 74件 [詳細] file3d-print_05m.jpg 63件 [詳細] file3d-print_03m.jpg 66件 [詳細] file3d-print_02m.jpg 64件 [詳細] file3d-print_01m.jpg 67件 [詳細]

Last-modified: 2020-11-22 (日) 07:29:52